流し掛け

ピッチャーのハンドル付け、花入れの仕上げなどやりました。
洋皿に石垣島の白土、赤土を泥にして流し掛けしました、これらは焼しめにします、一度テストしていますがうまく発色、定着してくれればいいのですが、、、やり始めると止まらず40枚程掛けました

展覧会準備

梱包、発送の準備です
大壺はバケツに入れて送ります
続いて白磁の用意です、焼き物の底に付いている目、砂をグラインダーで削り灰、降りものをきれいにして番号を付けて納品リストをつくり梱包です。明日には終われそうです。
3月23日から小田原の菜の花で展覧会です。宛名書き夜飲みながらやっています。

奈良

今日は朝から奈良へ行って来ました、奈良に住んでいる96歳の書家の叔母と展覧会をしようと場所を見に、この秋にと想っています。いい天気で若い頃よく歩き回った頃を思い出しました。
手持ちの種子島の土が少なくなってきたので泥にして化粧をしました、以前にもやってみたことがあったのですが大きい物はどうなるか焼いて見ないと、また種子島に行くつもりです。

味噌つくり

今年も味噌つくりを始めました、糀仕込みで米を蒸40度ぐらいに冷まして糀菌を入れ混ぜました。

花入れをいろいろロクロ、思いつくままに作っています。
今月23日から小田原の菜の花で展覧会でその準備を始めました、まだ早いのですが八重山に出かけるので

大皿

昨日展覧会から帰って来ました、今日は雨なので外の作業が出来ないのでロクロに時間をかけました
大皿、大鉢を80個程ロクロしました
急須、土瓶も少しロクロ、土が減ってきたのでクラシャーで土作りもやり始めました。

白磁窯出し

白磁の窯出ししました、いい焼けのようです。
さっそく選び底ヲグラインダーできれいにして洗い番号を付け梱包、季の雲の展覧会の準備始めました。
鉢を80個程ロクロしました、画廊の方が見えて来月始まる国立新美術館の地下にあるギャラリーに出品する物を選びにきたりと忙しい一日でした。

整理

朝から焼き物を収納する台を作りました、へたな溶接ですがいままで壊れたことがありません。時々鉄をさわるのは楽しい
さっそく使っています、もう仕事場の棚は一杯です、これで少し場所ができました。焼けた焼き物が所せまし!作業も出来ないありさま、また焼き物の整理をしました壊した欠片は入口の道路に砂利替わりに敷き詰めています。

縄文遺跡

カップの仕上げ、ゆのみ、ちょくの削りをしました
町内で発掘された縄文遺跡の説明会に行ってきました、これFRPで作ったレプリカです実際発掘された時見にいった物、場所も違い他に3か所あったもっと大きい遺跡は壊され高速道路の橋脚になっていました周りにたくさん遺跡があるのですが、残念です。
昨日から白磁窯の窯詰めが終わり午後に火をいれました。2泊3日で焚きます。
片口と碗のロクロをしました。
徳利の底周りをヘラで削り仕上げました。
展覧会に送る用意をしました。

さけのみ

今日から土をいつも使っている地元の土に変えました、昨日まで使っていた石垣島土とよく似ていて乾くと解らなくなるので名前を付けました。
今日も薪割です、あまりにも固くて機械も出来ないので半分に楔をつかって割っています。
ロクロは地元の土でさけのみを150個ほど作りました。

片づけ

大皿の仕上げと大里土のさけのみを削りをしました
午後から倉庫の焼き物の片づけカゴに割って車に2台捨てました。とにかく焼き物でいっぱいでもう置いておく場所がなくなり捨てないと、次焼いてもいくところがなくなって

大里土

仕事の合間に芹、野蒜、クレソンを採りに行って来ました。黒豚の腕肉が届いたので芹好き焼をと今夕は野蒜のヌタと芹好き焼!
きのうロクロした壺、大皿を仕上げました。
土を石垣島の大里で採ったブネラ粘土で作り始めました、耐火度が低いので南蛮焼しめには丁度いい土です。

土瓶

昨日ロクロした土瓶、ポットを仕上げました。フタ合わせ削り口作り組み立てとなかなか進みません今日は17個できました。明日残りを仕上げます、ビニールにしっかり包んで乾かないようにしています。

まんさく

きのうの片口を仕上げ、わん等も削りました。
庭のマンサクが満開ですもう春です
からから、ジャグ、ピチャーをロクロ、午後に雨があがり晴れ間がでたので裏山に散歩しました。仕事だけだと運動不足です。

土作り

昨日ロクロしたさけのみをしあげました。
片口、わんをロクロ
土作りも始めました、合間合間にやらないとすぐに出来ないので根気がいる仕事です、バケツには石と根っこです。

クレソン

六角皿の仕上げをしました。
クレソンを採りに近くの谷川に、ついでに芹も、夕食は黒豚とクレソンでしゃぶしゃぶをしました、春の香りがいっぱいです。
土を変えて酒飲みなどをロクロしました。先日焼いた窯掃除も始めました。

板作り

板皿を作りました。
葉っぱの皿作り、板に彫った葉っぱに土板を載せて叩いて型をとり、明日周りを切って作ります。ロクロで作る丸い皿の10倍も時間と手間がかかります。

壺造りが終わりました、二十代の若い頃から韓国、沖縄、東南アジア、インド、中米に旅して焼き物屋さんを訪ね教えをいっぱいいただいたからです、次の世代に伝えるのも私の仕事と思っていますそして焼き物をつくる事は自分をつくる事と教えられました。若い焼き物を志す人、旅に出ましょう!

きょうは一日快晴で気持ちのいい天気でした、壺に2段土紐を載せました。薪仕事もいい天気なので少し、もうすぐ薪が満杯になりそう!

薪仕事

原木を切片づけました、薪割も少しずつ進んでいます。
大壺の底を7つ作りました、試験焼で出た物をいじくりまわし、試使いに焼酎を入れてちびちび飲んで捨てるものこれから進めるものの選別をしましたがまだもう少し眺めてからにします。

壺造り

壺造りを始めました、底から4段紐土で作りました
皿のロクロ
昨日ロクロした片口鉢の削りと口を付けました。
徳利の仕上げ、ビアーマグに取っ手を付けました。
碗の削り
石が入っているので削り後はザックリになります。

今日は雪が降ったりやんだりで薪仕事が出来なかった
窯出しした試験焼の物を並べて結果をみました、ゆっくり何がいいか次はどれを取り入れて作るかを考えてみます。
琵琶湖の土でロクロをしました、
窯出しをしました。とにかく試験なのでぐちゃぐちゃです、ここから選んで次の仕事に、、、夕方からいつものんでいますがパット目についたさけのみで飲んでみました、これをどう生かすか想いを画きながら飲むのは楽しい
昨日ロクロした杯を仕上げ、仕上げと言っても底周りを指でなぜるだけです。

玉切り

薪の玉切りを始めましたがチェーンソーの刃が切れ隣町まで刃を買いについでにバーがだいぶ減っているので新しいバーに付けかえました。刃とバーは消耗品なのでしょうがない
午前中と合間に琵琶湖の土で酒器をロクロしました。

窯焚き終わり

下の焚口で500度ぐらいまで上げて上の焚口から焚きます。
薪をくべると還元焼成の煙が出ます。
窯の中の様子です、この色は1200度です。
夕方5時に窯焚きが終わりました、周りを掃除して水を撒いて火事にならないようにします。試験土、釉薬がどんな風になるか楽しみです。

窯に火

薪割も少しずつ進んでいます
窯詰は4日前から少しずつやっていました
窯詰の途中で徳之島の土の試験を忘れていた事に気が付き急きょロクロストーブの上で急いで乾かし窯にいれました。
窯詰めが終わった中の様子です。
今日夕方近く窯に火をいれました。
窯場の様子です写真では感じないですが寒いです。
今日合間に石垣島の土ですこしロクロしました。
昨日まで暖かく天気もいいので薪割をしていました。
合間に石垣島の土で試作を作っていました、土によって表情が違うのでいろいろ試しています。
犬の散歩についでに花材をさがしていい枯草があればと
あさってから豊橋で展覧会です18日は画廊にいます。

搬出

やっと搬入の用意ができました、丸壺は途中崩壊しましたが次のやりかたが解りました、また次にはできるでしょう。今日も友人が来てくれ楽しい夜が


搬入用意

19日からスタイルハグギャラリーで展覧会をします。19日画廊にいます。
60cmの丸壺を作っていますがまだ底の仕上げをしていません、焼くのは難しそう底の小さい処に全重量がかかるうえに1230度ぐらいまで上げると素地が柔らかくなるのでへばりバラバラになりそうです。
今日も搬入の用意です。