整理

DSCF1709

窯のまわりとあっちこっちにある焼き物の選別をして捨てる物と置いておく物に分別しました。まだまだ何日もかかります。

DSCF1710

窯と窯道具も片づけ始めました。

DSCF1711

分別するのに土ほこりでよく判らないので水で簡単に洗っています。

窯出し

DSCF1706

窯口を開け、一番前の壁を取り除いた一室の焼け具合です。

DSCF1707

DSCF1708

今回の窯は割竹式登り窯にして焼けばどうなるかとの試験と好奇心でもありましたが、結果は想う焼けにならなかった、すべて固く焼け釉薬も溶けていますが好きではないので大方壊しましたがいい勉強になりました。焼き物作りはこの繰り返しです。

窯詰

DSCF1661

今日も天気に恵まれ順調に進みました。

DSCF1663

DSCF1666

窯の肩まで詰めました、明日午後には火をいれれそう。

DSCF1667

友人が50CMもあるイシガキダイを送ってくれました、皮はカリカリに焼、身はさしみとうしお汁にしていただき残りは味噌漬けに

窯詰め

DSCF1646

DSCF1647

今日はゆっくり、所用がたまり片づけ、近くの紀のくにこどもの国学園の高校の焼き物クラスの生徒たち20人程が訪ねてきてくれ焼き物の話をしたり、窯詰めを少ししました。

DSCF1648

DSCF1650

4っ日ぶりにいい夕日で気持ちがいいです。

灰作り

DSCF1630

釉薬に使う灰を水簸しています。

DSCF1632

細かい篩いにかけると炭、砂がこんなに出てきます。

DSCF1631

灰汁抜きは天水で時々混ぜています。

DSCF1633

DSCF1635

今日も釉薬掛けです、灰を使っているので沈殿しやすく3,4個かけると底から混ぜるので時間がかかります。

ロクロ

DSCF1625

今月、素地の数を数えると1200個ぐらいで焼く窯に少し足らないのではとロクロしました。今度の窯は釉薬物ですが、穴窯に仮設の壁を作ると割竹登り窯になるのでその材料の用意などで動きました。

窯出し

DSCF1602

朝から窯出し、すぐに展覧会にいく物を選んで底をきれいにしたり、番号を付けリスト作りです。

DSCF1604

二十歳になる猫は見てるだけ手伝ってくれません

DSCF1606

明日、搬入です。

釉薬掛け

DSCF1600

釉薬掛けです、大きいしゃもじは釉が沈殿しやすいので底から混ぜるのに便利で使っています。

DSCF1601

昨日は葬儀でした、なんとか役をはたせました。今朝雲夢にバンに一台搬入しました。500点ぐらいになりそうで一度に運ぶ事が出来ないので前もって届ました。明日は白磁の窯出しです。

花見

DSCF1560

今日は検査日で病院へ行って来ました、なんとか2時近くにもどってくることが出来、昨日に続いて釉薬掛けをしました。夕方に焼酎を飲みながら花見です。

ギャラリー招山

DSCF1531

DSCF1529

DSCF1533

DSCF1538

DSCF1528

DSCF1526

昨日早朝に出てさっき帰ってきました。天気は雨風が強かったのですが途切れずお客さんが来てくれました。昨夜は鎌倉の友人達に案内され温泉と食事、朝は寺巡り、井上ひさしの小説の舞台で鈴木大拙が過ごした東慶寺などを訪ねました。

夢雲で展覧会

DSCF1517

DSCF1518

今朝の散歩で採ってきたタカノツメ、入れ物を持っていかなかったので服を入れ物にして持って帰りました。さっそく昼食のうどんにとてんぷらにして食べました。散歩福です。

DSCF1519

DSCF1520

DSCF1521

DSCF1522

DSCF1523

DSCF1524

4月28日から夢雲で二人展をします。私達は28,29日そして4,5,6日は夢夢にいます。今日は夢雲の案内状は宛名書き半分ぐらい書けたかな、明日は鎌倉のギャラリー招山に一泊で出かけます。

 

新聞紙

DSCF1509

コシアブラ

DSCF1510

タカノツメです、仕事の合間に93の叔父に送ろうと裏山に採りに行ってきました。山をウロウロするのは楽しい。今日は梱包に使う新聞紙を新聞販売店に配達しなかった残りの新聞紙をいただきにいってきました、ごみの日に集積している新聞紙を持ち帰ると犯罪で窃盗で捕まるとの達しがあり販売店に頼み込みました。

あけび

DSCF1508

友人から案内が届きました、左端にいる玉田和平(おっさんに見えますが二十代)は友人の子供、ガキの時からの付き合いです。motion blue yokohamaでコンサートします。近くにお住まいの方聴きにいってください。

DSCF1505

今日も展覧会の用意と原木の玉切りをしました。合間にアケビのつるの芽を散歩がてら採ってきました。ほろにがくて香りがよくさっと炒めて、焼酎の肴に合います。

 

DSCF1481

今朝、さくらの花ふぶきと雪きれいですが寒い

DSCF1483

DSCF1484

DSCF1482

DSCF1485

DSCF1486

DSCF1488

DSCF1490

今回の窯から出た物です、写真は青味がかっています。あまりよくなかった窯ですがよくあることです、また焚きます。窯焚きは難しい!

 

朝の散歩で出会ったいのしし、明日は食べられてしまうのでしょうね

DSCF1495

ミツバツツジが満開です、脚が弱ってきているので毎朝少しずつ高度を上げて歩いています。きょうも展覧会の用意でした。

仕上げ

DSCF1475

展覧会の準備、焼き物を選び水漏れをチェックして底に付いている自然釉やドウセンボウをダイヤの刃がついたグラインダーで削ったり手で砥石を使ってきれいに、他は木のかけら、サンゴなので表面に傷が付かないように磨きます。ロクロをするより時間がかかります。

発送準備

DSCF1474

やっと発送の梱包が出来ました、2日前からDMの住所を書き始めたそして郵便局へ、DMを送りました。薪仕事と次の展覧会(奈良の夢雲)への焼き物を選び始めましたが時間がかかります。

展覧会準備

DSCF1467

DSCF1468

鎌倉のギャラリー招山で14日から展覧会です

DSCF1470

7日から小田原の菜の花道具店で花器展が始まります。

DSCF1471

DSCF1473

発送の準備の合間にコゴミ採りに行って来ました。

DSCF1472

里は今桜が満開です

DSCF1469.JPG

タラの芽も採れ始めました。

窯に火

DSCF1435

DSCF1436

窯に火を入れました、始めはチョロチョロと素地を乾かす感じです。今日は捨てアブリです、昼に火をつけ夜9時頃に火を止めふたをして明日朝からまた火を入れます。