CCF_000083.jpg

 

CCF_000084.jpg

CCF_000085.jpg

CCF_000086.jpg

CCF_000087.jpg

11月17日から11月25日 福岡県うきは市の杉工場で展覧会をします。

DSCF3264

DSCF3266

溶け具合を窯から出してみています

DSCF3267

黒釉の碗を引き出してより黒くします。弱くなりますが深い黒になります。

DSCF3268

窯の周りを掃除して終了です

 

 

DSCF3218.JPG

DSCF3220

DSCF3222

DSCF3226

DSCF3224

DSCF3228

ギャラリー雲夢の展示風景です。

DSCF3239

朝、皆で近くの室生寺に行って来ました。今夕一旦家に帰って来ました、明日から釉薬物の窯焚きです。

搬入

DSCF3201

白磁窯はまだアブリです。白磁の梱包やズイキの皮をむいたり落花生の豆をはづしたりしながら焚いています。朝から奈良の夢雲に搬入に行って来ました、一度に運べそうもないので。

片づけ

DSCF3180

MIGIWAの発送準備、畑をもう一度耕し町に玉ねぎ苗を買いに、明日植えないとどんどん寒くなってきています。

DSCF3181

釉薬物を窯詰をするのに周りは窯出しした物でいっぱい、片づけ始めましたが残すか割るか迷うと選別に時間がかかります。

MIGIWAで展覧会

DSCF3164

今日は来月大阪能勢での展覧会の用意を始めました。CCF_000081.jpg

CCF_000082.jpg

在廊日はまだ決めていません

DSCF3166

大豆、落花生、生姜の収穫をしました。

DSCF3170

DSCF3172

玉ねぎを植えなければと堆肥(カブトムシの幼虫がいっぱい)を入れ耕しました。焼き物を始めて以来ずっと畑をやっています、若い頃は焼き物が売れないので今はおいしい野菜を食べたいので

DSCF3167

DSCF3168

生姜は良くできました20K程葉っぱは乾燥して風呂によく温まります、落花生もジーマミトウフ(沖縄の落花生豆腐)に楽しみです。

DSCF3151

DSCF3153

今日また原木が届きました。一日釉掛けと発送準備で忙しく動きました。

CCF_000070.jpg

CCF_000071.jpg

CCF_000072.jpg

CCF_000073.jpg

CCF_000074.jpg

CCF_000075.jpg

CCF_000076.jpg

 

CCF_000078.jpgCCF_000077.jpg

CCF_000079.jpg

CCF_000080.jpg

11月9日から6人展を開きます。9,10,11日と17,18日に画廊います、お会いできるのを楽しみにしています。

釉薬掛け

DSCF3144

展覧会の用意がまだ続いています。

DSCF3145

DSCF3146

昨日ロクロした物の削りをしました。これで今度の窯に入りきれない程出来ました。

DSCF3147

粉引、刷毛目の釉薬掛けを始めましたが高台をつまんでかけるので指を使い過ぎ、病気の為か手指が痛くて進まなかった。

蹴ロクロ

DSCF3137

朝まだ柔らかくて削れないので外で乾かしました。

DSCF3139

DSCF3140

DSCF3141

碗を160個削りましたが途中で足がツッテ、、、日頃の運動不足かな、蹴ロクロは一日使うと歳なのか足にきます。

DSCF3142

仕事の合間に近くの草原でセンブリを採って来ました、胃薬になります、胃の調子が悪い人にさしあげるのに毎年採っています、陰干しします。

DSCF3143

月山で採ってきたぶなの実も今日は天気がいいので干しました。

わんのロクロ

DSCF3128

DSCF3129

DSCF3130

わんのロクロをしました

DSCF3131

DSCF3132

次の展覧会の準備も始めました。

DSCF3133

森林組合からヒノキの原木が一台届きました

DSCF3136

蔵王の麓で拾ってきた胡桃の実をきれいに洗い笊で干しました。大きいバケツに水と胡桃を入れて長靴で踏んで水を取り替え何度もやるときれいになりました。

DSCF3135

今日もいい夕焼け焼酎の供には最高です。

山の恵み

DSCF3115

DSCF3117

DSCF3118

昨夜遅く山形から帰って来ました、画廊の様子です。

DSCF3104

DSCF3109

DSCF3105

画廊は10時半からなので朝は月山の麓で山ブドウ、ブナの実、こくわ、あけび、くるみ採りに2回でかけました。山ぶどうはワイン、ジュースにぶなの実は軽く炒ってそのまま、すり鉢ですって和え物に、コクワは焼酎に漬け、あけびは皮に詰め物をして焼いたり蒸します。くるみの実は私の薬?血管を柔らくするそうです。担いで帰ろうと思いましたが重すぎて宅配便で送りました。

削り

DSCF3090

昨日ロクロしたさけのみ、わんなどを削りしました

DSCF3091

とっくり、かたくちをロクロ

DSCF3092

物を置くスペースが無くなってきたので仮設の棚を作り乾燥中の物を移動しました。

DSCF3056

DSCF3058

粉引の皿にヘラで掻き落としでススキを描きました

DSCF3057

酒杯を削り耳付け、今月18日から山形の埜野画廊で展覧会します、焼き物選びをしていました。

象嵌

DSCF3051

DSCF3052

徳利に化粧掛け、昨日の鉢に白土を入れて削り出しました、象嵌はすごく時間がかかりますが10個程出来ました。残りは明日にとビニールで覆い乾きすぎないようにしています。

削り

DSCF3040

DSCF3041

刷毛掛けを終わった碗の底に線彫りして白土を入れ余分な土を削り出しました。30個程やりましたが時間がかかります。

DSCF3042

徳利の削り

DSCF3043

鉢の削りをしました。合間に窯掃除を

 

 

刷毛掛け

DSCF3033

DSCF3034

DSCF3035

ハケ目をロクロに付けたシッタに乗せて掛けています、手だけでやる時もあります。

DSCF3037

鉢を30個程ロクロ

DSCF3038

今日、ガラクタ置きから土置きに変わりました、いつも使う地元の土とは別にあっちこっちの土を入れておこうとおもっています。

窯掃除

DSCF3028

DSCF3029

終日雨降りでロクロを半日しました。

DSCF3030

窯の掃除を始めました、棚板からです。

DSCF3031

窯の前の方は薪を大量に使うので棚板にも灰が溶けて固くダイヤの刃で削るのですがなかなか取れません、ダイヤの刃もすぐに減ってしまいます。

DSCF3032

一番前の棚板です、自然釉で焼き物がくっついて外れなくて金鎚で割っていますがいい焼けのがくっ付いてどうしようもない、棚板掃除と窯本体の掃除に10日程かかっています。この時だけは薪窯は大変だ~と思います。合間に少しずつでもやらなければ。こんな事で年中無休になっています。

土置き場

DSCF3025.JPG

昨日削った碗に白化粧を掛け、碗を40個ロクロしました。

DSCF3026

DSCF3027

ガラクタ置き場だったところに古U字溝で壁を作り始めました、若い頃と違い重いので大変!後半日で終われそうです、出来上がれば土置き場にします。

碗の削り

DSCF3020

DSCF3021

土小屋の裏のかたずけ、がらくた置き場にしていましたがあっちこっちの土を入れるところがなくなってきたので全部ほうりだしきれいに、明日もまだかかりそうです。昨日ロクロした粉引にする碗の削りをしました。

DSCF3023

5時から毎日軒下の縁台で音楽を聴きながら飲んでいます、久しぶりに夕焼けです。

秋の贈り物

DSCF3011台風の後始末で午前中動き、家のそばでハタケシメジの初物を見つけました。

DSCF3012

午後から粉引にする碗をロクロ

DSCF3015

合間に裏山でニセアブラシメジを採りました

DSCF3016

夕食にハタケシメジ、蓮の実の茶碗蒸し

DSCF3017

ニセアブラシメジでひっつみ、汁のほうに入れて友人が育てた加賀蓮根

DSCF3018

いただいたブリ

DSCF3019

韓国の友人のゴマと畑の間引き菜それに焼酎と、秋をたのしみました

中国旅行

DSCF2466

DSCF2776

下記の文章は、今夏(8月16日~8月24日)中国・西安から敦煌を訪ねた折の覚書の如き物です。滞在中、私どもの旅に旅に随行してくれた新聞社への寄稿として帰国直前に感想文的に取りまとめた文章です。全体を書き記したわけではありませんが、非常に学ぶところの多かった旅の総括として記載します。

森岡由利子

 

 

西安から敦煌への旅

 

「西安、良い街ですよ…行きませんか?」との友人の堀夫妻の言葉に「西安…昔の長安…。一度行きたいと思っていた所!行きましょう!!」と誘いに乗り今回の旅となりました。

 

先づは私共の仕事に関わる耀州窯の発生から現代までを見たいとの思いがあり、加えて半坡遺跡という仰韶文化発祥の地を訪ね、さらに日本仏教の祖としての寺院群を見ようとも思っていました。半坡遺跡は、旧石器時代からの住居跡と共に土器製作の遺構も残されているとの知識はありましたが、日本にも技術が伝わっていた須恵器の焼成の初期的な作業がなされていたことを、発掘品からも確認出来ました。

耀州窯は長い歴史の中で時代により技術の変遷もあり、今回の旅でその流れを見ることが出来ました。

7泊8日の短い期間でしたが、訪れた博物館・美術館全てで詳細な解説をして頂き、厖大な量の収蔵品を見ることが出来ました。時には個人のお宅で、コレクションにじかに触れる機会もあり、博物館等の展示を見ただけでは不可能な「重量、轆轤作業の工程、窯詰の実際」など実物の全体を見なければ確認できない細かな点が判ったという事は非常に大きなことでした。

これらは堀夫妻の知人である、西北大学の岳鈺教授が尽力して下さったおかげで可能となったことでした。岳氏は西北大学で仏教美術を中心に研究なさっていて、大学内に氏の美術館も持たれている、現代の仏教界では世界的に有名な方であり、氏の仏画作品の展示も見せていただきました。仏典に忠実でありながら、氏独自の表現もされている仏画群は、印象深いものでした。人へのまなざしの優しさにも心打たれるものがありました。

数多の古窯跡や仏教遺跡を有する中国のほんの少しだけを垣間見た旅でしたが、敦煌にも足を運び、莫高窟を見、日本に伝わった仏教思想と仏教美術の源流の如き物にも接することが出来、日本の各寺院に残されている壁画や仏像を理解するのに大いに参考になった旅でした。

 

 

これは中国側からの依頼で、簡単にまとめた感想です。

 

中国の仏教が日本に与えた影響は

 

インドで釈迦によって生み出された仏教思想は、シルクロードを経て中国に入り、今日まで多くの人の精神に影響を与えている。日本にもあまたの僧の努力で経典が持ち込まれ、全国に広まり、今日まで続いている。中国の仏教は、道教の思想も混ざりながら先祖崇拝や現世の苦からの解脱を希い、それは日本の八百万の神々を畏れ敬いながらも仏教に心を寄せる形と似通っているように思われる。

今回の旅で見た寺院や博物館に収蔵されている仏画・仏像群は、日本の古寺に納められているそれと酷似していて、やはり中国が日本仏教の故郷であるとの感を強くした。

とりわけ敦煌莫高窟の壁面に描かれた仏画は、日本の奈良の古寺に非常に類似点があり、その源をキジル石窟(庫車)にまで遡ることが出来、長い年月をかけて長安から日本へと仏教伝来の道というものを感じ取ることが出来る。

DSCF3008

DSCF3009

DSCF3010

とっくりの削り、白化粧掛けをしました。奄美大島の友人から今度の台風の風は半端じゃないよと連絡があり、薪小屋のトタン屋根の上に板を打ち付けたり破風板つけたりと、前から気になっていた所を頑丈にしました。

白化粧掛け

DSCF3001

今日は台風対策でした、マカイ、杯に白化粧をしました。

DSCF3005

DSCF3003

DSCF3006

DSCF3007

雨戸を外されないように補強、家の入口も板張りにしました。この間の台風は一日半停電しました、暗いのはいいのですが冷凍庫、冷蔵庫が動かないので困りました、ネットで発電機探してもすべて欠品です。

金沢で二人展

CCF_000063.jpg

CCF_000064.jpg

10月5日から金沢の高木糀商店で二人展をします。5日在廊します

DSCF2994

昨日削った碗にハケ目を掛けました。

DSCF2995

片口に口付けをしました

DSCF2996

DSCF2997

金沢の二人展の準備しています。台風がまた来るので早めに準備発送と思っています。

 

焼き物整理

DSCF2985

今日も運動、気分転換をかねて近くの山にキノコ採りにいきました。ニセアブラシメジを3キロほどと写真のコオタケこのキノコは干してちらしずしや茶碗蒸し等に名前の由来どうりいい香がします。決して生で食べないで!

DSCF2987

白化粧を掛けました。

DSCF2988

片口、小ぶり碗をロクロ。窯場で昨日出した焼き物の整理と一日バタバタしました。

窯出し

DSCF2966

DSCF2967

朝は削り

DSCF2968

窯を開けました、灰が一杯です。窯の中はまだ50度程あります。

DSCF2971

DSCF2973

もみ殻を焼く煙突が壊れていたので作りました。

DSCF2974

DSCF2975

秋になるとちょと時間を見つけてキノコ採りにいきます、キノコ中毒です。カラカサタケ今日7本採れました、オムレツ、フリッターなどにして

DSCF2976

蓮の実も蓮粥の中に入れて親子粥においしいです。

DSCF2978

DSCF2979

DSCF2983.JPG

DSCF2984

窯出ししました。夕方までかかりました。明日から選別、整理します何日かかかります。

 

もみ殻

DSCF2959

稲刈りの季節になり、焼き物作りにかかせない材料(ケイ酸)を多く含むもみ殻をもらいに行って来ました。窯詰め、釉薬、黒焼きにして畑に入れます。

DSCF2961

DSCF2963

DSCF2965

今日の午後キノコ採りにニセアブラシメジが採れました。今夜は黒豚とでスキヤキをしました。一度に食べられないので冷凍して保存します。

DSCF2964

昨日ロクロしたマカイの削りをしました。

ハケ目

DSCF2955

DSCF2958

杯の削りとハケ目を掛けました。

DSCF2957

わん、まかいのロクロをしました。畑の大豆の実が大きくなってきました、イノシシが狙っているのではと柵にもう一重に網を付けました。土作りも終わりました。

テングタケ

DSCF2951

DSCF2953

窯はまだ300度、今日は草刈、土小屋の掃除と整理、きのうロクロした物はまだ柔らかく削れない。きのこ採りに出かけましたテングタケですフェアーリーリング(妖精の輪)にぜったい食べないで!猛毒です。初物のアミタケを採りました子芋と汁にしました。

かたずけ

DSCF2948

窯詰め、窯焚きと作業場をかたずける時間がなかった、やっとかたずけ、仮設棚も取り除き囲炉裏も使えるようになりました。

DSCF2946

DSCF2947

さけのみ等を150こ程ロクロしました、久しぶりなので楽しく仕事しました。これらは釉薬物です。

DSCF2950

土も少なくなっていたのでクラッシャーで砕き始めました。