仕上げ

昨日ロクロしたもの削り、組み立てと一日かかりました。
トルファンのブドウ園で見た一輪車
いい車輪
火炎山、孫悟空の話が思い起こさせました。やっぱりすごく暑かった50度近く

西安

碑林(石碑が何千)に行って来ました2度目ですが今回は仏像を中心に見ました。
個人のコレクションをお茶をいただきながら何百点も見て触って楽しい時間を過ごしました。
本物に触れる機会が無いのですが手にとるとよく感じとれました
陝西省大学の博物館に
昨日行ったヨウトウヨウの全景です。
今日は台風で終日風雨でロクロしていました。沖縄の土です。
ヨウトウヨウで買った黒釉、さっそく梅干し入れにして仕舞わずにテーブルの上にいつも置いておきます。

中国旅行

西安から東、車で1時間の所にあるヨウトウヨウの窯簸した泥を乾燥しています。ここは中国で最初に白磁が焼かれました。作業場の横の山から採っています。
採土した土
最初は一番上の細かい土、これは黒の釉薬に次の細かい土はロクロ成形用、次の細かい砂混じり土は板皿などに、次の砂混じりは窯道具、レンガに、次の粗い砂は窯詰にと使うそうです。採土の下を掘り進むと石炭が出て窯焚きの燃料にすべてそろうそうです!
ロクロの後すぐに乾燥!割れないそうです
作業場、この地域は崖に穴を穿って家、倉庫にしています、ヤオトンといいます。
日本のロクロを見たいと、お互いにロクロを見せ合いしました。
記念写真
窯詰め道具
窯場の周りですが窯なのか家なのか近ずかないとわからない
白磁窯跡
窯の天井に開けている蒸気抜きです、4日間で窯焚きするそうで蒸気が抜けると外から塞ぎます
焚口
窯の入口です、立って歩けます。
窯は二階建でこの穴は焼成の時に出る石炭ガラを落とし窯焚き後取り出す穴ですこれも立ってあるけます。
窯の外、蒸気抜きと煙突です。
周りは窯だらけ!256窯です。今11軒だけだそうです。
窯を案内してくれた焼き物屋の奥さんと叔父さん詳しく歴史や技法などいろんな事が聞けました。
窯と住居が隣です!
同じ焼き物屋、質素な暮らしぶりですが土に向かう姿に共感しました。旅の続きはまた

暑い!

毎日暑い!夏は早起きして涼しい内に、午前中が仕事時です。昨日ロクロした物を削り組み立てをしました。午後は外仕事をボチボチと、、あさってから西安にそこから西へ旅行します、窯跡、博物館、壁画巡りですそれと天山山脈の麓までもう少し若ければ登りたい山だったのに、、、

友人

昨日は家の前の藪?林を風通がいいように一日間引き燃やしました。合間に削り。今朝一番に少しロクロ、花をやっている友人が農家を再生しているので、ロケットストーブの位置や作り方など相談を受けていたので訪ねてきました。そして近くのヨットをやっている友人を訪ねたりの一日でした。

ロクロ

窯焚き、展覧会と続いたので久しぶりのロクロ、楽しいです。土は沖縄の土です。
ぼちぼち蚊、虫達が入ってくるので仕事場、家に網戸を入れました、汚れていたので水洗いしました。

室大掃除

昨日は中国から友人達が来て昼から宴会で楽しい時間を過ごしました。今日は室の大掃除、換気扇を取り付けました、室は湿度がいりますがあまりにも湿度が高くべたべたでカビの匂いがすごく大変でしたなんとか整理できました。明日は金沢の展覧会に行きます。

展覧会

熊谷守一美術館での展覧会は33回目?になると思います、随分長くやっていますね
今日午後に展覧会から帰ってきました。原木が6トン届いていたので夕方までチェーンソーで玉切りをしました、手、腕が疲れました。弟子は11日から夏の研修旅行で九州に行っています。

釉試験

展覧会の用意をしています。
やっと窯出しする時間がとれ窯出ししました、釉薬と土の試験が見たくて、ゆっくり見ます。
原木が届きました、雑木です、雑木は火持ちがよく熾きがよくたまり部分的な還元で焦げができやすくなります。

発送

昨日は発送に午前中、午後は中国に行く物の水漏れチェックときれいにする作業でした。
夕方から窯から出た碗で焼酎を試のみ?夜は金沢での展覧会の住所書き音楽を聴き飲みながらなのであまり進みませんでした。

窯焚き終わり

昨日の窯の様子
窯焚きの合間に穴窯の棚板の掃除をしました、棚板の裏側ですがどうしてこんなのが出来るのか解りません時々焼き物にも出来ます、きれいな青です。
今回も韓国から友人が手伝いに来てくれました、今日夕方窯焚きが終わりました。
焼いている窯から出した色見です、光過ぎずしっとりとした焼ですが出してみないと解らない

窯詰

窯にぎっしり詰めました、半分程試験です。いろんな島の土組み合わせと釉薬、化粧の組み合わせで窯の中の場所もあちこちで時間がかかりました。
原木が届いていてじゃまになる木を小切ったりで夕方に入口を閉じました。明朝に火をいれます。

古い弟子

今日は30年前に弟子いりしてたアメリカ日系の家族が訪ねて来てくれ嬉しくそして楽しく過ごしました。彼は私のところでの修行後シカゴで医科大学卒業後小児を専門(未熟児)として今はUCSFの教授として活躍しています。昨日は弟子が休み、仕事場の片付けと温泉、今日は滋賀で焼き物をしている弟子が手伝いに来てくれ窯半分程詰めました。

窯詰

今年初めてのキヌガサタケ、レースの部分を中華風スープに入れて食べます、歯ごたえがよく見た目もよくて
午後遅く窯詰めを始めました、3日程かかります。

窯場

昨日は病院へ定期健診に行って来ました、今日は窯場を片づけ次に焼く物が仕事場に置けなくなって窯場に鉾日ました。月末頃から焼く予定です。
梱包をしていました。
家の小さな池の大賀ハスの葉っぱが大きくなってきました。

梅干し

今日はいい天気もうすぐ梅雨炒りのようなので土を乾燥しました。
展覧会の用意を始めました。
小梅を友人の畑からもらって梅干しにする準備をしました、大きい南高梅はもう塩漬けにしています。

窯の片づけ

釉薬の試験を作りました。結構時間がかかります。
窯の掃除を始めています。今月末からまた窯焚きします。
棚板、ツクの掃除はダイヤの刃で削ってやらないと自然釉が固くて取れない、時間と埃で大変です。

窯出し

昨日は白磁の窯出しをしました、注文の物がありすぐに発送でした。
石垣島の材料どうしで白化粧しました
今日から釉薬をかけ始めました、窯場の周りも片づけ始め原木を置くところを作りました。毎日フルに仕事をしていますがなかなか進みません

釉薬と土

午前中は家の周りの木の剪定して窯で燃やしました、午後は削り、白化粧掛け、釉薬の試験をやりはじめました、新しい素材が手に入ったので試験が一杯そして南の島の土との相性の試験とやることが増えています。

告別式

昨日は古い友人で山仲間の告別式に行っていました、北は日高から西表島までいつも山歩きしていました、そして彼は原子力、原発の研究者でこの技術は人類が管理できるものではないと生涯訴え続けました。いい友人が亡くなっていくのはさみしいですね。湯のみの削りをしました。

小ぶり碗

小ぶりの碗をロクロ、若い頃からの山友が亡くなり、線香を買いに高野山に行ったりしていました
全開の釉薬窯で焼いた島の土試験を拡げて、今度の釉薬窯にどれを選択するか考えたりの一日でした。

土採り

明日は雨との事、今日午後から土採りに行ってきました、土嚢袋に30袋掘って来ました。
土小屋にひろげて乾燥させます。
午前中は少しロクロと京都での展覧会のDM用の焼き物の発送、アメリカのギャラリーに発送でした。

土作りの合間に少しロクロしました。
コンクリートミキサーで土を砕き篩にかけると楽にできます。
篩った土の粉です。窯出しした物を片づけなければと思うのですが、、まだそのまま、次の窯の方に気持ちが進んでいて