石垣島土

昨日はやぼ用が多くて、リュトン等を仕上げしました。
きょうは備蓄していた石垣島の土を試験するのにロクロしました。この土はいままで焼いた事があるのですが、他の石垣土と組み合わせの試験です。冨崎層で採れる土です、別名オッパイ土、オッパイ山で採れるからです。
この土は島の中部大里で採れる土でブサキ粘土層と呼ばれています、国頭礫層にふくまれます。少し温度が低めですが南蛮焼しめにいい土です。

牛ベラ

DSCF3355

午前中はリュトンの組み立て等、朝の散歩?ではアケビの弦採りにこれから寒い季節に採るものは虫、カビなどが入らなくて長持ちします家の入口にぶらさげて乾燥します。土瓶などの手に使います。午後は所用が溜まっていて下の町に帰ってきてロクロに使う牛ベラが落としたりして壊れていたので先日杉工場でいただいた木で作りました、胡桃の木で丈夫そうです。

片づけ

DSCF3343

昨日作った釉薬の試験です。番号をふって全部そろえば素地に塗ります。おもいつき帳は思いついたことの備忘禄です。

DSCF3344

わんの削りをしました

DSCF3345.JPG

ロクロと土小屋の片づけ外は寒いのであまり進まない、土の掃除石、根等を取り除く作業も合間にやっています。

雑用

DSCF3334

本がいっぱいになってきて、大型本を入れる本棚を作りました。

DSCF3335

展覧会からの返送が、片づけないとちょっとずつやり始めました。

DSCF3336

ストーブのたきつけに杉葉をひらってきました。大豆の脱穀をしましたが時間がかかりました。

DSCF3337

昨日ロクロしたわんの削りを、今日はいろいろしましたがまだ片づけないとだめなのがいっぱいです

杉工場

DSCF3329

先日うきは市の杉工場で展覧会をしましたが本業は明治から続く大きい家具工場です、そこで出る木の灰を送ってくれるようお願いしていたのが届いてさっそく灰汁抜きに水を入れましたこれから何度も水を入れ替え灰汁抜きをします、いい灰釉になるかと楽しみです。

DSCF3330

この土も杉工場の近くで採れたものです、乾燥させて砕き篩にかけて練って試験焼をしたいと思っています。工場の周りには縄文、弥生、須恵器がたくさん出土していてたぶんこんな土を使っていたのかな

DSCF3331

杯の灰汁汁に入れている木は杉工場でいただいたくるみの木?です。これで焼き物を作る時に使うヘラを作ります。

DSCF3332

DSCF3001

今日は試験焼に入れる碗を70個ほどロクロしました。

時々初心

DSCF3313

明日午後からうつわノートに向かうのでロクロが出来ないので乾いた赤土を棚板とレンガで砕きました、まだまだ足らない後数日やらないと一窯分出来ないようです。

DSCF3314

窯出ししてそのままだった、窯の周りを片づけました

DSCF3315

昨日ロクロした碗を削りました。来月に釉薬、土の試験窯を焚くつもりです、今使っている釉薬、土にこだわっているととどまって前に進まなく、また新たな発想で一窯試験しようと思っています。時々初心であろうと、、、

高校生

DSCF3309

今日は昼前から近くの高校生17人が見学にきました、かれらは陶芸の授業を受けておりろくろと削りを見たいと、昼ごはんは高校生が作ってくれました。

DSCF3311

DSCF3312

昨日ロクロした杯を削りしました。

杉工場

DSCF3289

DSCF3290

DSCF3291

DSCF3292

夕方に帰り着きました、杉工場の展示風景です。気持ちよく過ごしました、お客さんも切れずに来てくれ楽しい会でした。

DSCF3286

DSCF3287

杉工場のある吉井の周りに古墳群、縄文と弥生遺跡も多く朝は資料館を訪ねたりいい時間を過ごしました。

CCF_000083.jpg

 

CCF_000084.jpg

CCF_000085.jpg

CCF_000086.jpg

CCF_000087.jpg

11月17日から11月25日 福岡県うきは市の杉工場で展覧会をします。

DSCF3264

DSCF3266

溶け具合を窯から出してみています

DSCF3267

黒釉の碗を引き出してより黒くします。弱くなりますが深い黒になります。

DSCF3268

窯の周りを掃除して終了です

 

 

DSCF3218.JPG

DSCF3220

DSCF3222

DSCF3226

DSCF3224

DSCF3228

ギャラリー雲夢の展示風景です。

DSCF3239

朝、皆で近くの室生寺に行って来ました。今夕一旦家に帰って来ました、明日から釉薬物の窯焚きです。

搬入

DSCF3201

白磁窯はまだアブリです。白磁の梱包やズイキの皮をむいたり落花生の豆をはづしたりしながら焚いています。朝から奈良の夢雲に搬入に行って来ました、一度に運べそうもないので。

片づけ

DSCF3180

MIGIWAの発送準備、畑をもう一度耕し町に玉ねぎ苗を買いに、明日植えないとどんどん寒くなってきています。

DSCF3181

釉薬物を窯詰をするのに周りは窯出しした物でいっぱい、片づけ始めましたが残すか割るか迷うと選別に時間がかかります。

MIGIWAで展覧会

DSCF3164

今日は来月大阪能勢での展覧会の用意を始めました。CCF_000081.jpg

CCF_000082.jpg

在廊日はまだ決めていません

DSCF3166

大豆、落花生、生姜の収穫をしました。

DSCF3170

DSCF3172

玉ねぎを植えなければと堆肥(カブトムシの幼虫がいっぱい)を入れ耕しました。焼き物を始めて以来ずっと畑をやっています、若い頃は焼き物が売れないので今はおいしい野菜を食べたいので

DSCF3167

DSCF3168

生姜は良くできました20K程葉っぱは乾燥して風呂によく温まります、落花生もジーマミトウフ(沖縄の落花生豆腐)に楽しみです。

DSCF3151

DSCF3153

今日また原木が届きました。一日釉掛けと発送準備で忙しく動きました。

CCF_000070.jpg

CCF_000071.jpg

CCF_000072.jpg

CCF_000073.jpg

CCF_000074.jpg

CCF_000075.jpg

CCF_000076.jpg

 

CCF_000078.jpgCCF_000077.jpg

CCF_000079.jpg

CCF_000080.jpg

11月9日から6人展を開きます。9,10,11日と17,18日に画廊います、お会いできるのを楽しみにしています。

釉薬掛け

DSCF3144

展覧会の用意がまだ続いています。

DSCF3145

DSCF3146

昨日ロクロした物の削りをしました。これで今度の窯に入りきれない程出来ました。

DSCF3147

粉引、刷毛目の釉薬掛けを始めましたが高台をつまんでかけるので指を使い過ぎ、病気の為か手指が痛くて進まなかった。

蹴ロクロ

DSCF3137

朝まだ柔らかくて削れないので外で乾かしました。

DSCF3139

DSCF3140

DSCF3141

碗を160個削りましたが途中で足がツッテ、、、日頃の運動不足かな、蹴ロクロは一日使うと歳なのか足にきます。

DSCF3142

仕事の合間に近くの草原でセンブリを採って来ました、胃薬になります、胃の調子が悪い人にさしあげるのに毎年採っています、陰干しします。

DSCF3143

月山で採ってきたぶなの実も今日は天気がいいので干しました。

わんのロクロ

DSCF3128

DSCF3129

DSCF3130

わんのロクロをしました

DSCF3131

DSCF3132

次の展覧会の準備も始めました。

DSCF3133

森林組合からヒノキの原木が一台届きました

DSCF3136

蔵王の麓で拾ってきた胡桃の実をきれいに洗い笊で干しました。大きいバケツに水と胡桃を入れて長靴で踏んで水を取り替え何度もやるときれいになりました。

DSCF3135

今日もいい夕焼け焼酎の供には最高です。

山の恵み

DSCF3115

DSCF3117

DSCF3118

昨夜遅く山形から帰って来ました、画廊の様子です。

DSCF3104

DSCF3109

DSCF3105

画廊は10時半からなので朝は月山の麓で山ブドウ、ブナの実、こくわ、あけび、くるみ採りに2回でかけました。山ぶどうはワイン、ジュースにぶなの実は軽く炒ってそのまま、すり鉢ですって和え物に、コクワは焼酎に漬け、あけびは皮に詰め物をして焼いたり蒸します。くるみの実は私の薬?血管を柔らくするそうです。担いで帰ろうと思いましたが重すぎて宅配便で送りました。

削り

DSCF3090

昨日ロクロしたさけのみ、わんなどを削りしました

DSCF3091

とっくり、かたくちをロクロ

DSCF3092

物を置くスペースが無くなってきたので仮設の棚を作り乾燥中の物を移動しました。

DSCF3056

DSCF3058

粉引の皿にヘラで掻き落としでススキを描きました

DSCF3057

酒杯を削り耳付け、今月18日から山形の埜野画廊で展覧会します、焼き物選びをしていました。

象嵌

DSCF3051

DSCF3052

徳利に化粧掛け、昨日の鉢に白土を入れて削り出しました、象嵌はすごく時間がかかりますが10個程出来ました。残りは明日にとビニールで覆い乾きすぎないようにしています。

削り

DSCF3040

DSCF3041

刷毛掛けを終わった碗の底に線彫りして白土を入れ余分な土を削り出しました。30個程やりましたが時間がかかります。

DSCF3042

徳利の削り

DSCF3043

鉢の削りをしました。合間に窯掃除を

 

 

刷毛掛け

DSCF3033

DSCF3034

DSCF3035

ハケ目をロクロに付けたシッタに乗せて掛けています、手だけでやる時もあります。

DSCF3037

鉢を30個程ロクロ

DSCF3038

今日、ガラクタ置きから土置きに変わりました、いつも使う地元の土とは別にあっちこっちの土を入れておこうとおもっています。