わん

DSCF1096

DSCF1097

まだ練った土があったのでわんをロクロしました、昔の陶工は何を思いどんなふうに仕事していたのか想い描きながら、そして若い頃、剣岳の八峰、チンネの登攀でみていた岩峰の姿の様にと、気持ちと姿を碗の立ち上がりにとロクロを。いつもですが窯焚きに充分作ったので止める時はまだもっとと心残りです。

ロクロ

DSCF1088

朝からチェーンソーで原木の玉切りをして片付きました、風か強かったので目に木くずが入りまだでてくれない

DSCF1090

味噌つくりです、家で育てた豆を茹で、臼でつぶし家で育てた糀でしこみました。

DSCF1091

わんの削りとロクロをしました

DSCF1092

室もどこも生素地でいっぱいになりました、とりあえず今日で終わりにします、ずいぶん作っては土にもどし試行しました、すこしはよくなったかな!老人でもやり続けるとよくなります!?後は釉薬掛けが始まります。

作り直し

DSCF1084

土練機の真空ポンプが調子よくないので中をクリーンアプ、調子良くなりました。

DSCF1085

煙突の櫓が出来上がりました。十四、五年もったからいいか

DSCF1086

わんの造り直し、少しずつ想いの形になるので最初に作った物を土にもどし作っています。最期の日までやり続けるしかないです。

混練機

DSCF1081

次の窯に入れる釉薬の試験です。ストーブから出た灰をあく抜きしたものをベースにいろいろくわています、いい釉薬が見つかればと毎回しつこくやっていますが組み合わせが無限大そのうえに土、焼成との組み合わせです。それに私は記録などいいかげんで釉薬には向いていません。

 

DSCF1082

真空混練機のメーカーからパッキンが届き接着しました、明日まで乾かして使ってみます。

DSCF1083.JPG

昨日ロクロしたものを削りしました。

真空混練機

DSCF1077

また原木が6トン届きました、まだまだ薪割が続きます。

DSCF1078

DSCF1079

飯わんをロクロ

DSCF1080

真空混練機のゴムパッキンが劣化して真空が効かなく、メーカーに注文して、元のパッキンの接着面を磨いてきれいにしました。明日届くようです

釉薬試験

DSCF1070

たくさんは積りませんが雪と風

DSCF1071

さけのみの削り

DSCF1073

DSCF1074

釉薬の試験を作っています、いつか想いえがく組み合わせに出会うと毎回やっています。でも窯焚きでまったく違う結果になるかも、しつこくやりつづけるしかないです。

 

来月ニューヨークでの展覧会の案内が届きました。

https://www.saranyc.com/-japan-vs-usa-anagama-kiln-match.html

私は焼き物作りで対決(何を対決するのかな)するとは思ったことないのですが、暮らしかた生き方もふくめて、他の人の物をみても勉強になると思って見ています。三人展だと有名無名にかかわらず三人を紹介するとおもっていましたが有名な人だけ日本とはギャラリーの考え方が違うのでしょう。

 

煙突

DSCF1068

さけのみを120個程ロクロして煙突の櫓作りに、今日は午後に友人の兄弟の鍼灸師さんが久しぶりに治療してくれました、手足の血行がすこし良くなりました。

DSCF1069

古い櫓を撤去して新しい櫓を運びました、明日組み立て固定できます。あすもっと寒くなりそうなので出来るかな

わん

DSCF1045

今日も雪が降ったり日が射したり、昨日ロクロしたわんの削りをしました。

DSCF1046

今日は小さ目のわんをロクロしました。土作業も合間にしています。

作り直し

DSCF1043

土作りしながらロクロです。

DSCF1041

DSCF1042

昨日ロクロした80こ程を土にもどし、また改めてわんをロクロしました、作り直すのはわんの雰囲気、想いを変えてロクロしてみたくなりそんなに変わらないのですがよくやります。一所不住 世阿弥の言葉です、とどまるな!

 

赤土

DSCF1031

今朝の仕事場から、毎日見ていますがきれいでした。でも氷点下3度

DSCF1033

DSCF1034

赤土をまたストーブの上で乾燥させています。冬は手間がかかります

DSCF1036

乾燥した土から石、根などを取り除き篩にかけます

DSCF1038

篩った土を練りカンで水を加えて土練機で練ります。

DSCF1037

赤土に土岐の土を混ぜてわんをロクロしました。節分ですね高野豆腐を焚きました得意料理の一つです、巻きずしと友人にいただいた日本酒で

 

薪仕事

DSCF1009

今日も薪作りの作業

DSCF1001

生素地が増えてきて置く場所がないので仮設の棚をおきました。

 

DSCF1007

蓋物を少しロクロ

DSCF1006

昨日ロクロした洋皿の削りを半分ほどしました。

DSCF1008

コーヒーカップのハンドル付けと忙しい一日でした

DSCF0997

原木の玉切りをしていますが寒さと雪と風でなかなか進みません、まだ10トンの薪割です後20トン程薪作りをしないと、寒いなかチェーンソーを使うと手、指がしびれてきますががんばっています。

DSCF0998

合間に洋皿を32枚ロクロしました。

 

薪作り

DSCF0987

雪の中。原木が6トン届きました。

DSCF0988

DSCF0989

DSCF0990

DSCF0991

さけのみ等250程ロクロしました。木の玉切りがまっています、冬も平素と同じペースでやらないと薪の用意が、乾燥に半年近くかかり使った分は補充しないと

 

展覧会

DSCF0971

福光屋のスタッフと、いい三人展でした。次の日はスタイルハグギャラリー、今日はうつわ菜の花にいきました。大雪の予報でしたが無事新幹線が動き帰り着きました。明日からまた土に

 

皿、鉢の仕上げ

DSCF0957

近所の若い奥さんがきのうからバイトで土のゴミ、石取をやってくれました。助かります

DSCF0958

DSCF0959

昨日ロクロした皿、鉢60個を削り白土をハケカケしました、午後から薪仕事、雑木は固くて太いので大変です。明日早朝に出て東京に行きます。

薪割

DSCF0955

DSCF0956

午前中は中皿、中鉢をロクロ、あさって東京に出かけるので明日削り、ハケ目の作業があるので造りすぎるとどうしようもないので午後から太い木を割るのにチェーンソウで切り込みを入れ楔で割る作業をしました。力仕事は好きですが手、腕がつかれます。乾いた薪が少なくなると気がかりに焼き物やの習性です。

うつわ菜の花

DSCF0949

スタイルハグギャラリーに送りました。日曜日回転11時から画廊にいます。

DSCF0950

DSCF0951

ハケ目の皿に文字を入れ、ハケ目の徳利に雨過天晴と中川一政の言葉をかいたり乾燥すると土のバリを取ります。

DSCF0952

DSCF0953.JPG

DSCF0954

1月20日から28日まで小田原のうつわ菜の花(0465-24-7020)で13人のちゃわん考、茶碗展です。22日昼に在廊します。

薪作り

DSCF0945

DSCF0948

カシの木は重い!その上固くて、でもだいぶはかどりました。

DSCF0946

チェーンソーの刃研ぎと整備は欠かせません

DSCF0947

今日は私の焼き物は梱包終わりました、明日は由利さんの白磁を選んで発送しなければ間にあいませんがなんとかなりそうです。

ガリガリ土

DSCF0941

石が多い土、がりがり土と呼んでいます。土の表情が強く面白いのですが手の皮がすりへってきます。

DSCF0942

化粧かけの後、器の底周りに土がバリのように付いているのを指でこすって取ります。タイミングをはずすと固くて指では取れないのでヘラ、割りばし!これがなかなか使いがってがいいです。

土の乾燥

DSCF0935

DSCF0936

先日掘ってきた赤土は土小屋に入れていたのですが雪が流れ込み乾かず凍ってしまい乾かないのでストーブの上で乾かし始めました。

DSCF0937

アメリカに送る壺等の梱包をしています、乱暴に取り扱うようなので3重にプチプチで包みダンボール紙でぎゅうぎゅうに囲っています。

DSCF0938

粉引の片口にまたいたずらが始まりました、なかなかストップができない。

DSCF0939

これは三島手の要領で先に字を掘り上から化粧、半乾きになると削って字を浮き上がらせました。

刷毛

DSCF0933

DSCF0934

わんを削り、刷毛をかけました。刷毛は手製ですワラ、シュロ、ほうき草、高野ほうきなど使えそうなもので作っています。その時々、気分で使い分けています。写真はシュロとワラです。

DSCF0921

朝起きると雪景色でした

DSCF0923

DSCF0924

片口、徳利に化粧かけ

DSCF0925

DSCF0927

わんを100個ロクロしました

DSCF0930

カシの木が3トン届きました5,60CM程の太いものです

DSCF0928

作業小屋の前の畑も雪できれいです

片口鉢

DSCF0904

DSCF0905

1月20日~27日、スタイルハグギャラリーで二人展をします。渋谷区千駄ヶ谷3-59-8原宿台2コーポ208、Tel03-3401-7527、www.style-hug.com,  私たちは21日画廊にいます。

DSCF0910

DSCF0911

DSCF0912

DSCF0914

徳利の削り、さけのみの化粧かけ、片口鉢の削りと口付けをしました。

 

福光屋

DSCF0902

DSCF0903

SAKE SHOP 福光屋 丸の内店 千代田区丸の内3-1-1 国際ビル1階 Tel03-5288-5015 12日から28日  私たちは20日12:00~19:00にBAR 1500円~にいます。

DSCF0906

酒飲みを削り

DSCF0907

片口鉢を30個ほどロクロしました

DSCF0908

この間掘ってきた赤土を乾燥、砕くためにひろげました。次の窯に使います。

発送

DSCF0893

DSCF0894

午前中は発送準備でした

DSCF0895

昼からさけのみを120個程ロクロそして化粧かけ

DSCF0896

徳利も3板ロクロ、展覧会の案内状の住所書きと忙しくやっています。

 

白化粧かけ

DSCF0889

DSCF0890

今日も発送作業、選別して水を入れ漏れがないかチェック、それから砥石で底をきれいに、洗って番号を付けリストを作り梱包です。

DSCF0891

DSCF0892

昨日ロクロした2板の杯を削り白化粧しました、化粧土の濃さが焼き上がりの良さが決まるので、感でやっています。夕食は七草粥です。

初仕事

DSCF0855

仕事初めに、お茶を一服

DSCF0858

DSCF0859

裏山に散歩にでました、下に見える集落に暮らしています。

DSCF0860

雪が降ったり晴れたりの天気でした、歩くには気持ちいい

DSCF0861

粉引、刷毛目にするさけのみをロクロしました、土にまみれているときは大好きです。

高野山

DSCF0820

正月、一番に塩サバを焼くのがこの地方のおせちです。紀伊半島の山間部では新鮮な魚がないので干物か塩物だったので正月の御馳走だった。

DSCF0821

DSCF0827.JPG

みんなで高野山に行って来ました

DSCF0839

DSCF0843

高野山の三山、摩尼山に登りました。