明日西安へ

DSCF2258

明日早朝に関空から西安に出発します。今日はロクロが出来ないので(削り、仕上げが)箸置き作り。旅行の用意、それに西安の考古学、焼き物屋の歓迎会が3回あるのでおみやげ等の買い出しに町に行ったりとしていました。中国の焼き物が始まった地域に遺跡、博物館、窯場を訪ねます。帰って来てまた報告します。楽しみです

窯焚き

DSCF2239

リュトンを作っています。

DSCF2247

DSCF2250

今夕窯焚きが終わりました、やっぱり暑かったのですが扇風機を総動員して、助っ人も益子から来てくれ無事終わりました。

DSCF2251

窯焚きが終わり一風呂浴びて外でビールはおいしい!

白磁窯詰め

DSCF2225

早く起きて、夜明けのハスですもう蜂が蜜を求めて来ています。

DSCF2227

DSCF2229

白磁の窯詰め始めました。明日には火をいれれそうです。

DSCF2230

DSCF2231

DSCF2232

今日はいろんなものをロクロしました。昨夜から夜香草(イエライシャン)が今夜もいい香がしています。南の島が思い出されます。

 

DSCF2189

毎日暑い日が続いて友人達が避暑に来ています。おととい皿、花杯などをロクロしました。

DSCF2195

昨日は削りおえました。

DSCF2196

今朝、ミヤマクワガタが家に来ていました。今年は極端に虫達が少なくなにか天災でもあるのかな~と心配しています。いつもスズメバチが台風の予報をしてくれていますが蜂達まで異常にすくない!

DSCF2197

庭の小池の大賀ハスのツボミが大きくなってきました。

DSCF2200

今日は花入れ、壺などをロクロしました。

ゴリ杯

DSCF2184

昨日から焼き物屋の友人、娘、孫が来てくれ焼き物談義、今日も暑くて涼みがてら一緒にゴリ採りに、そしてゴリ杯?20個、マカイ(沖縄の飯碗)の削りをしました。

水盤

DSCF2170

水盤になりそうな花入れをロクロ

DSCF2171

壺のふたを適当な大きさでロクロ

DSCF2172

飯碗になるような小ぶりの碗をロクロ

DSCF2173

初物の鮎を夕食に!今日韓国から来ていた焼き物研究家の友人が帰りました、毎日いろんな料理を作ってくれました。

台風

DSCF2147

朝の仕事場ですが雨戸を付けると夜のようです。

DSCF2148

DSCF2149

壺を30個ロクロしました、いつも東南アジア風になってしまいます。

DSCF2150.JPG

湿度がいつも85以上でなかなか乾かないので扇風機を回しパなしです。

DSCF2152

夕方家の雨戸もはめ、飛びそうなものは家のなかにと今日は用事が多い日でした。

DSCF2137

DSCF2139

窯の修理をしました、今日は保温の為、見ために土を厚く塗りました土の中にはラス網を入れて割れにくくしています、乾けばもう一度土を上に塗ります。

窯修理

DSCF2135

DSCF2136

今日は窯の修理をしましたまだ明日もかかりそうです。窯焚きの時薪を奥まで投げ込みいつもゴンゴン壁にあたりガサガサになった、それにもう20数年使って100回以上焚いてるので傷んできたのかな

壺造り

DSCF2130

DSCF2132

壺の底の部分に土紐で積み上げました仕事場は締め切っていて湿度が高くなかなか乾きません、あさってには仕上げれるかな。今日は韓国から焼き物屋さんが来てくれ迎えに行ったり大阪で展覧会してしばらく滞在していた元弟子を駅に送ったりとしていました。

ゴリ採り

DSCF2104

DSCF2106

DSCF2107

DSCF2108

壺を作り始めました。底の部分です、土の日もを積み上げていきます、明日はこの上に積み上げていきます。

DSCF2111

DSCF2112

そばちょく、かっぷなどをロクロしました。

DSCF2125

DSCF2127

今日はあまりに暑くて近くの川にゴリ採りにいってきました。一時間ほどで4キロほど採れ、木陰でおにぎりを食べ水につかりと楽しい時間を過ごしました。ゴリはから揚げ、しょうがと酒、しょうゆで佃煮にしましたこれは冷たいお茶づけが最高です。

DSCF2128

DSCF2129

昨日ロクロした物の仕上げをしました。

花入れ

DSCF2099

白土で花入れなどをロクロしました、午前中も作りましたが気に入らないので土に戻しこの花入れなどをロクロやり直しました。

DSCF2100

昨日の鉢の削りをしました、今日も暑い日でした。

鉄鉢

DSCF2092

白土で鉄鉢のような鉢をロクロしました。今日は所要で下の町へ行ったので半日しか仕事が出来なかった。

DSCF2093

昨日ロクロしたさけのみなどの削りを

白土

DSCF2088

今朝、仕事場に行ってみると前の畑のトウモロコシが食べられていました、何者かイノシシはもっとはでにたぶんアライグマかハクビシンかな

DSCF2089

白土に変えていろいろロクロしました、発送も少し。

暑い

DSCF2074

DSCF2075

DSCF2076

展覧会風景です。今朝早くに新幹線に乗り昼には家に着きました。

DSCF2077

DSCF2078

東京に行く前にロクロした片口鉢の削りをしました、室に入れておいたので固くならなく削りに丁度よかった。なにしろ暑いパンツ一丁で扇風機をブンブン回さないと仕事が出来ない、今日は仕事場の中は29.5度でしたまだまだこの暑さ続きそう。エアーコンの導入を考えないと

片口鉢

DSCF2067

昨日ロクロした物の仕上げをして片口鉢を3板ロクロしました。明日は熊谷守一美術館へ行きます。14日午後、15日一日ギャラリーに居ます。16日は東京国立博物館に縄文土器を見にそして時間があれば東京大学の博物館に昆虫を見に行きたいと思っています。ギャラリーでお会いできればいいですね

魚皿

DSCF2061

昨日は友人達が泊掛けで来てくれ真夜中まで飲み楽しい時間をすごしました。取り皿にヘラでススキを入れました。

DSCF2062

片口鉢をロクロ

DSCF2064

魚皿を仕上げました、手間がかかりますが楽しい

DSCF2045

板皿を少し仕上げました。

DSCF2046

大皿の削りを5枚

DSCF2047カップを2板ロクロ

DSCF2048

種子島土でさけのみを100個ほどロクロしました。

竹べらで文様

DSCF2035

DSCF2040皿、鉢に竹べらで枯れすすきの文様を描きました。枯尾花は自分の様で好きな花です。

DSCF2036

55CMの皿、鉢をロクロ

DSCF2037

取り皿を50個程ロクロしました、今日も一日雨、町に用事で出かけましたがワイパーを最速にしても前が見えない程の雨がしばらく降りました。

仮設棚

DSCF2032

DSCF2033

焼き物を置く場所が無くなってきたので仮設の棚を設置しました。囲炉裏が使えないのですが。今日も雨、乾きません!鉢、大皿をロクロしました。

DSCF2034

はっぱさらの仕上げ時間がかかります。

北海道で展覧会

DSCF1896

DSCF1899

DSCF1901

KITAKARA展示風景です。

DSCF1905

DSCF1907

ニセコにある座忘林のギャラリーに焼き物を展示してくれているので訪ねました。周りは森できれいな所です。

DSCF1934

DSCF1954

DSCF1951

ニセコアンヌプリの山麓をハイキングしました、あいぬく雨が降ったり止んだりでしたが花にいっぱい出会えました。道中は博物館、埋蔵資料館などに立ち寄り縄文土器、擦過紋土器などをたくさん見ました。

岳鈺先生

DSCF1887

DSCF1888

DSCF1890

今日は近くの紀国こどもの村学園の高専に行って授業の見学に行って来ました、講師は中国からこられた岳鈺先生、画家で西安大学教授、造形研究所所長をされています、授業が始まる前に焼き物の話で楽しい時間を過ごしました。この夏には西安、敦煌などを案内してくれます。展覧会の発送の準備が終わりました。明日から札幌です。

蓋物

DSCF1884

蓋物の仕上げをしました。蓋と胴を合わすのは手間がかかります。高台も裏返してロクロビキします。

DSCF1885

皿に良寛の詩をヘラで書きその跡に黒絵具を筆で入れました。焼けた跡は黒く出ます。これもていねいにやらないとだめなので時間がかかります。

 

DSCF1886

展覧会の用意は番号を張り納品リストが出来、梱包作業にかかり始めました。

展覧会用意

DSCF1883

熊谷守一美術館での展覧会に出品する用意を始めました。28日から札幌に出かけるので27日までに発送しなければ。鉢を少し削りしましたが明日は蓋物の仕上げとコーヒーカップが待っています。今夜も焼酎を飲みながら展覧会のDM住所書きします。

熊谷守一美術館で個展

CCF_000055.jpg

CCF_000056.jpg

今年も熊谷守一美術館にお世話になります、展覧会を始めてもう30回になります。40歳からです!

DSCF1880

DSCF1882

木の葉っぱ型で葉っぱ皿を作っています、土の板を作り、型の上に置き叩いて葉っぱをヘラで切り出し周りをスポンジできれいにし、まげて足を付け、そのままだと垂れてくるので土の柱で支えます。ロクロで作るのと比べて10倍時間がかかります。

DSCF1881

面取りのとっくりも少しずつ作り始めました、これも根気です。

 

取り皿

DSCF1864

取り皿を40個ロクロと花入れの仕上げ、焼酎飲み?の削りなどやっていました。

DSCF1865

夏至の夕焼けを見ようと縁台で空を見上げていました、仕事の後の一杯はおいしい

台皿

DSCF1857

台皿、高坏の足作りです、今回は裏返して足をロクロしました、上と足を別々にロクロしてくっ付けるときもあります。

DSCF1858

足を分厚く削ります

DSCF1859

足をロクロします。

DSCF1860

DSCF1861

大皿の削りをして、午後にまた大皿、鉢のロクロ、50個程作りました。

DSCF1862

DSCF1863

雨でなかなか乾きません、2,3日後になるかな。

大皿

DSCF1844

DSCF1845

DSCF1847

DSCF1848

DSCF1849

皿の削りです、底にもみ殻の黒焼きを付けると乾燥の時底切れを防げます。新聞紙でもいいのですがもみを付ける方が簡単です。

DSCF1850

マグを60個ほどロクロ

DSCF1851

DSCF1853

大皿50CMを20個ロクロしました。

DSCF1854

梅雨の合間の天気は貴重なので原木の小切りを少しやりました。

DSCF1841

原木を小切るのにチェーンソーの刃の目立てと整備をしました。

DSCF1842

湯のみの削り

DSCF1843

鉢をロクロし、下の町に買い出しと忙しい日でした。

DSCF1830

縁台の上に雨樋を付けました、木で作りました。

DSCF1834

DSCF1835

今家の周りにはササユリがいっぱい咲きました、いい香に包まれています。

DSCF1837

やっと乾いてきて壺の仕上げをしました。今夜は雨上がり薄霧の中で蛍がきれいです。

唐古

DSCF1798

朝、蓮見台の続きをして

DSCF1800

DSCF1807

DSCF1813

DSCF1816

DSCF1818

唐古、鍵考古学ミユージアムが新しくなったので久ぶりに行ってきました。弥生時代の土器を一杯見ました。そして近くの橿原考古資料館の80年記念展にもここも縄文、弥生の土器がよかった。今日は天気がよくなったので明日は焼き物の仕上げが出来そう。

ブー

DSCF1781

いつも仕事していると横にいます、ブーと言います21歳です。

DSCF1787

石垣島の赤土で壺をロクロ、花入れの仕上げをしました。

DSCF1785

家の庭やまわりにササユリがいっぱい咲始めました、いい香が家中にただよっています。

蛍狩り

DSCF1759

室の中に窯に入らなかった生素地が一杯なので壊して土に戻し始めました、また新しく作ります。

DSCF1760

DSCF1761

花入れをロクロしました。

DSCF1763

玉ねぎを乾かすのに土場にぶらさげました。今夜8時ぐらいから家の下の田んぼに蛍を見に行って来ました、今年はたくさん飛んでいてきれいです。

片口鉢

P1170846

P1170847

昨日ロクロした片口を削り口を付けました。

P1170848

P1170849

わんの削りも、種子島土はきめが細かく底が切れやすいのでゆっくり乾かします、それで早めに作り始めました。

P1170850

今日は梅雨入り、午後に近くの粉河寺を散策に行って来ました、枯山水の庭や参道がきれいです。今日は早めに風呂に入り泡盛を飲みながら読書です。