糀の仕込みが終わりました。味噌作りの為ですが少しもらって私の好物に使います。
もう置くところがない、秤の上まで
釉薬掛も終わり窯掃除も窯詰めの用意を始めました。
白米をよく研いで残りご飯を布袋(韓国で買った薬草用)に残り飯を入れて元(くされもと)を仕込みました。楽しみです半分はアマサケにと想っています。

展覧会

仕事場の前の楮の花が満開です
酸化焼成する予定の灰釉、長石釉の釉掛けはほぼ終わりましたがすぐ焼く予定が新コロナで難しくなってきました、窯焚きの手伝いはいままで韓国の人が多かったのですが今は入国禁止、国内も移動は感染の危険が、来月まで延ばそうと考えています、その間還元焼成用にロクロした物に粉引釉、黒釉等を掛けようとおもっています。また焼き物の整理に励もうかと、12月予定のうつわノートでの展覧会は2月になりました、まだ延期で後ろになるかもしれません、5月奈良の夢雲での展覧会も3週間程後ろになる予定です、松本の山勢も延期、他にも春の予定がどうなるかまだ決まっていません。みなさん感染に気をつけましょう!

味噌作り

今日は味噌仕込みの糀作りをしました。釉薬掛けも続けています。世界中で新型コロナウイルスが広がっています、田舎暮らしはいつもと変わらずやっていますが予定している展覧会がどうなるやら、焼き物作りは変わらず進めています。皆さん気を付けてください!

わかたけ煮

今日は地面の中にある竹の子の初採り、さっそく先日海で採って来たワカメとわかたけ煮、それと海辺でとったツワブキの佃煮七輪でじっくり焚き、焼酎で一杯幸せな時です。
きょうも釉薬掛けをしていました、大きいものは掛けにくいです一騎に躊躇せずにやります。まだ釉薬掛けかかりそうです今回は長石と灰の釉薬なので沈殿が速く一つ掛けるごとにかき混ぜないとだめなので時間がかかっています。

釉薬掛

釉薬かけをしていました、重ねているのをばらして釉薬をかけるのでどんどん広がって2階に上がる階段まで一杯になってしまいましたがまだまだかけなければ外の土小屋は寒いので出すことが出来ないのでなんとかしなければ

ヒジキ

ヒジキを茹でています、あの海を見ながら楽しく嬉しく採ったヒジキ、半年は楽しんでおいしく、うれしいですね
薪仕事が終わりました。今日は友人達が来て夕空を見て飲みいい時間を過ごしています。夕ご飯は海で採ったかめの手、皿貝のピザ、ストーブの上でおいしいです

釉薬作り

今日は釉薬作りをしました、新しい釉薬なので試験的に少し釉をかけて剥がれないかのためしです、ストーブから出る自家製の灰なのでいつも違います。へっついさんの改造、車のタイヤを冬用からノーマルに、窯焚き用の薪割など今日は忙しく働きました。

海草採り

窯の掃除をしていつでも窯詰めが出来るように棚板、ツク等も整理しました。
今日はワカメ、ヒジキ、採りに行って来ました。毎年今頃潮と天気がいい日にいっています。今年はテングサはまだでした、亀の手、ヒザラ貝もたくさん採ってきました。帰って来てから今度使う新しい釉薬がうまく土に密着するか試しています。

片付け

きょうも焼き物の片づけ500キロぐらい、まだまだ何トンも割らなければ、
割っても割っても焼き物の山、いったい何をしていたのかと問う日々です。これがまあ焼き物屋の宿命か、、めげずに力尽きるまで作り続けるしかないです。
夕方からロクロ想いを改めロクロしました
あまりにも汚かった仕事場の中を片づけ拭き掃除しました

土の入れ替え

昨日はあったかいので焼き物の整理、今日は釉薬物の造りを終わり焼しめをロクロする用意を始めました、土が変わるので土練機の掃除分解して洗浄機できれいに、道具、ロクロを洗って一日かかりました、棚板は明日です。なにをどう作るか楽しみでもありどうするといいのかなにをどう作りたいのかを想う時でもあります。いつもあらたに土にむかっていると自然に、また若い頃想った事なので進んでいきます。

黒釉

白磁の窯に入れた釉薬試験の碗で石垣島の白百合を飲んでいます。限りなく試験を繰り返しやっと泡盛のめそう、今日は天気もいいので外仕事と昨日のロクロを削りしました。

今朝の家の庭、久ぶりの雪景色です。
きのうロクロした碗などを削りしました。シンプルな筒と想ってロクロしました黒釉にします。

わんをロクロ

黒釉の碗のロクロをしました。
昨日ロクロした焼酎?カップの削り仕上げをしました。焼き物の選別片づけも毎日一時間ぐらいやっていますがいつまでかかるかな割った物は家の道路等に砂利代わりに敷いています。

試験

白磁の窯に入れていた試験ピースです、先日長石鉱山でいただいた長石をもとに灰、鉄等と、土の組み合わせです。この中から選び使っていこうと思っています。
種子島で何種類か採ってきた土を混ぜて作りやすさ底切れがしやすいとかを試ます。新しい素材は試行錯誤で時間がかかりますが楽しいです。

削り

削りとロクロをしました。古いスピーカーをもらったので仕事場のオーヂオに付けたすのに配線などをしていい音の環境になりました。
杯の削りです大胆で素直そして枯れた感じにとやっています、ロクロ削りは書と似ていますね、筆とカンナ使い

土入れ替え

昨日は天気も良く温かかったので焼き物の整理、割って捨てる物と置いておくものの分別です、農業用のコンテナーに70,80個!それに大窯の横に窯出ししたままの焼き物、、、少しずつでもなんとかしないともう焼き物を置いておく場所がなくて。今日から焼き〆にする物を作り始めました、まづ掃除、土練機の掃除と忙しくしていました。写真の杯は8割種子島土と地元の土を混ぜています。仕事場ももう生素地でいっぱい重ねて場所を作りました。

尺皿

尺皿、尺鉢をロクロしました。
午前中は窯周りを掃除窯詰が出来るように掃除
丸鉢の中に字を、書き始めると止まらなくなるので自制悪い癖でやり始めると止まらなくなります。
白磁の窯焚きに入れる(還元焼成)釉薬試験をより分けました。

小屋作り

今日は残飯を堆肥にする機会の小屋作りをしました。
昨日作った杯に白化粧をかけ文字をヘラで掻きました。
仕事場、室も生素地が一杯、仮設棚をふやしましたがまた一杯になってきました。釉薬物は2窯ありそうです。今月は白磁と酸化焼成、還元焼成2窯焼くつもりですがただ窯焚きの手伝いの人がコロナウイルスさわぎで来れるか判りません。

手ずくね

今日も手ずくねで鉢、壺を作りました。来月から展覧会が続きますがどうなるか、もう作った物が置く場所がほとんど無くなってきたので時間のかかる仕事をしています。来月初め頃焼く予定ですが手伝いの人は韓国からどうやら来れそうもないなどコロナの影響です、まあゆっくり作ります。

手びねり

手びねりでぐいのみを30こ程つくりましたロクロと違ってすごく時間がかかるロクロはすごい道具!です。今日は雑用が多く仕事は進みません、ウイルス除菌用アルコールを友人が8Lも持っていたのを分けてもらいにいったり(アルコールの価格はもう4,5倍します)マスクはウイルス用、パンデミックスがいつかくると想い備蓄をしていたのが役にたちそうです。まあ田舎住まいなので気にしていません。

芹すき

クレソン、芹採りに、、せりすきをしました。
動物の徳利、ポットを仕上げました。昨日、今日は天気がいいので友人が入れ替わり泊で来てくれ楽しい時間を過ごしました。

道具作り

ワインカップ削る時底の暑さが解りにくいので暑すぎると底切れします。それでこんな道具?を作ってみましたなかなかすぐれものです。
カップ、動物の徳利などロクロしました。種子島の土の掃除も合間にやっています。

からから、手ずくねの碗などの仕上げと天気がいいので薪作業をしました。
近くの山に芹探しの散歩に行って来ました。まだ芹は小さくて、また行きます。

ポットの仕上げ

ポットの組み立てフタと胴体を切はなしキ(フタの下にあり胴体からずれないようにする足輪の部分)を胴体の口にあわせます
フタに空気穴を開け
注ぎ口を付ける部分に穴をあけ
口を付け
注ぎ口を切りますはんどる
取っ手の土を付けて手で引っ張って形を作ります
今日は八つ作りました。
手づくねで縄文を付けた杯を20個程作りました。
カップの削りです
雪がちらつき、きれいな夕焼けでしたカメラでは色がでない!
片口鉢の仕上げをしました。
面取の徳利を30個程面を取りました、これがすごく時間がかかりました。薪仕事も日々やっています。
台皿を削り、脚は裏側からロクロしました。
昨日、今日の午前中は発送準備していました。
窯場に薪が満杯になりました。
外に薪を積始めました。

掻きおとし

飯碗に先日種子島に採土に行く途中見た桜島を掻きおとしで描きました
釉薬の試験を塗り終えました300個程時間がかかりましたがいいもの一つでもといつもやっています。薪作りからでた木の皮、ヒキコがやっと片付きました。

削り

わんの削りをしました
いろんな形の中平鉢、皿を50個ほどロクロしました、薪作りから出た皮、ヒキコが一杯なのですが濡れていてなかなか始末できなくゴミ焼却炉?で燃やしましたがまだまだです、灰は畑の肥料に使います。

土が届く

薪作りで出たヒキコ、皮を燃やして片づけを始めましたが湿っていて進みません。
杯に刷毛で化粧しました。
徳利の削り、シッタにさかさまに置きます
底を平らにします
高台の外側を削り
内側を削ります
片口鉢をロクロしました。
午後に種子島から送った土が届きました。50袋以上あります。これで数年は使えそう、土がふんだんにあると幸せです。

種子島に採土

今夜帰って来ました。28日から種子島に土採りに行ってきました。フェリー乗り場からの桜島、噴煙を上げていつみてもいい山です。
島の北部で炭窯の天井に使われた土でさらさらしていますが粘りがある土です。
粘りのある土でいままで使っていた土です。
雨が降ったり止んだりあいにくの天気でしたが2日間で75袋掘り宅配で送りました。
島の底はこんな砂岩と礫層です。石が円いので元は海岸からの石かな、土の部分は柔らかい砂岩です、この土?も何かに出来そう
釉薬に使えるかなと海岸に
鉄を多く含むガサガサの岩です、袋に入れて持ってみると土と違ってすごく重い!いろんな形に使えそうで楽しみです。

土入れ

台皿に文字を掘り白土泥を入れました。
明日には生乾きになり余分な土を削り取ります。象嵌は手間がかかりますが筆で塗って書いた物とは違うのでやっています。明日は余分な土を削り取ります。