窯焚き2日目

P1140260

昨夜遅くに一旦火を止め、朝また火を入れました。捨て炊きと言っています、一晩ゆっくり出来またゆっくり温度をたもち乾燥の手助けになります。

P1140261.JPG

となりの丘からも煙が出ています、炭窯を焼いています。

P1140262

あぶりはゆっくりですが窯のそばに居なければならないので、合間に本箱作りを始めました。

P1140263

夕方に窯を見ながら焼酎をチビチビといい時間です。

 

窯に火

P1140255

朝9時に火を入れました、10日に終わる予定です。

P1140256

小さい火で窯、物を乾かすように燃やします。

P1140257

読書したり、かたずけをしたりしながら窯をみています。

P1140259

今日は一日中雨でした。

 

窯詰め終わりました

P1140249

窯の横からの焚口を閉じました。

P1140250.JPG

閉じるのに新聞紙を置きフタをして土で空気がもれないようにします。

P1140251

窯の入り口も閉じて土で目地を塞ぎます。P1140252

合間にダンパーの修理を始めました。

P1140253

今日は午前中病院に薬を受け取りに行きました、この鬼くるみは血管を柔らかくする効果があるので毎日ヨーグルトと一緒に食べています、すごく効果があり血圧も正常にまた手足の晴れ痛みもやわらぎました、強皮症に効果があるとおもいます。明日の朝窯に火を入れます。

 

セリ採り

P1140243

昨日は2段を終わり、友人が遠くから来てくれ夕方からズーット飲み会でした。

P1140246.JPG

天気がよくあったかいのでセリ採りに近くの小川、アブラゲと炊いて春の味を楽しみました、15キロほどのクルミをさっと茹でかるく炒ってナイフとかなづちで半分に割ったりと窯詰めはあまり進みませんでした。P1140247

アオモジを生けてみました

P1140248

夕日を見ながら外で、だしじゃこの頭と内臓を取りながらですが、明日には詰め終わります。

 

窯詰め

P1140239

3段を詰め始めました。

P1140240

下2段を詰めて上に壷を入れます。

P1140241

壷を窯の前に運んできました、あらかじめ寸法をはかり丁度きっちり入る組み合わせです。

P1140242

3段を詰め終わりました。

じゃがいも

P1140231

今の仕事場です、窯詰めにアッチコッチから物を出して組み合わせひっぱり出すので散らかっています。P1140232

午後から雨が降るのでジャガイモの植え付けをしました。

P1140235

5段も終わり、4段に詰め始めました。

P1140236

ローラーで送り込んでいます、窯半分詰めたので入り口から近くなりました。

窯詰め6段

P1140225

6段の一番上に壷を置き始めたところです。

P1140227

6段が詰め終わりました。

P1140228

窯詰めの合間にジャガイモを作付けするのに耕しました。

P1140229

えんどう豆にテを立てたりと窯詰めをしながら畑の手入れです。今日弟子の弟子が手伝いにきてくれました。

窯詰め

P1140216

7段の底の棚板を置いたところです、がたつかないようにします。

P1140217

ローラーで外でセットした物を送りこみます。

P1140218

7段を詰め終わりました、大壷は外で寸法を測り組み合わせ考え詰めます、丸いワッカは焼き具合を見るために鉄棒で引っ張り出すものです

P1140221

6段の底を詰めて今日は終わりにしました。

P1140223

窯の中から入り口を見ると穴の中にいる感じです。

窯詰め

P1140209

これから窯詰めです、発砲スチロールの箱にモミガラ、ドウセンボウを窯に入れます。

P1140211

まず煙道に詰め、8段の床に棚板を浮かして並べます。

P1140212

窯の前に次に詰めるもの、その間に入れる小さい物を置いておきます。

P1140213

8段を詰め終わりました、石垣島の赤土を多く詰めています。棚にはモミガラを轢き器と棚板がくっつかないように、器は5,6段重ねています。出来るだけいっぱいに隙間なくつめます。

P1140214

この間作ったローラーはすぐれものです、いままでは途中にある出入り口から入れていましたが、前から押し送れば一度に入ります。窯の中に一人外に一人いれば楽に窯詰め出来ます。

温泉

昨日は土掘りにがんばって、疲れぎみ、朝に仕事場を片付け10時に開く近くの温泉に行ってきました、3っつ湯船がありぬるめゆに入り久しぶりにムツゴロウを半身浴で読書、昼寝、とデレーとした一日でした。

土採り

P1140198

今日は土採りにしました、天気がいい、窯詰めがあさってでロクロが出来ない(乾かないので)。この崖は泉山脈が隆起しながら裾野に堆積した土です、2,3百万年前と思われます、比較的新しい堆積土、その時代は池だったのでしょう。泉砂岩と火山灰の地層が挟まれています、採取は両方採ります。灰色の土と上の赤土の間に鬼板があります、赤土に浸透した水が鉄を少しづつ灰色の粒子が細かく水を透さない上を流れて出来たのでしょう。

P1140200

足元に湧き水が上の赤土から湧きグチャグチャでどろどろになりました

P1140203

運び出すのは若い弟子、足元がネチャネチャで50Mほど歩くのは大変です。

P1140208

P1140207

86袋運びました、2トン近くあるかな。疲れました

 

春分

P1140185

朝からぐいのみ、湯のみを削りP1140187

文字を描いた板皿があまり乾燥していないので風が通る土小屋のほうに移動させました、明日朝氷点下になるらしく夕方には仕事場にもどします。

P1140188

少し残っていた原木も切りました。

P1140190

夕方に夕日を眺めながらう焼酎の水割りを楽しみ

P1140193

P1140194

春分、秋分の日はソトバガミネ(スツーパの意味)左の山の峠に家の窓から沈みます。偶然ですが季節、地球と太陽の位置関係が感じられ、後何日で春だ秋だと見ています。

P1140174

P1140178

半日かかって薪を小切しました。これは窯焚きの大クベにつかいます。

P1140175

昨日ロクロしたぐいのみを削り

P1140176

薪仕事の後ロクロ、180個ほどゆのみをロクロしました。

P1140179

P1140180

P1140183

家の周りに沈丁花、三叉、???とか桜も咲き始めました村(標高500M)にも春です嬉しいですね

 

釉薬

P1140171

高台付きの板皿に彫刻刀で彫り白土を入れました。ヘラで彫るのと違う感じになりました。

P1140172

昨日ロクロしたぐいのみを削りました、

P1140173

先日採ってきた鉄泥と自家製土灰(作る度に少し違う)で試験するのに作りました、窯焚きまでに素地土に塗ります。

道具土

P1140168

今日窯の掃除が終わり、先日作ったローラーを窯に入れてみました、窯詰めがやりやすくなると思います。

P1140169

窯の道具土、ドウセンボウとケイシャを混ぜて作り始めました。

P1140170

ワリサンショウの仕上げが終わり、ぐいのみが足らないかもと100個程ロクロしました、窯詰めのとき小さいスペースに入るのでもし足らなくなるともったいないので。

靴に蜂

P1140158

小鉢の削りです、シッタの上に真ん中に置きP1140159

カンナで底を平らに、高台の高さまで削り

P1140160

高台の周りを削り

P1140161

高台の内側を削ります。一息で削ると力強さがでます。

P1140167

リンカ鉢も削りして仕上げました

P1140162

ワリサンショウの仕上げを途中までしました。

P1140164

仕上げたワリサンショウ

P1140166

彼岸が近いので墓掃除に出かけるのにビニールをかけて明日にします。掃除に出かけるのにこの冬はいていなかった靴をはくと足に激痛、エーなんだ!と想って靴を見ると蜂が寝ていたようで怒って刺したよう、山暮らしにはよくある事です。

P1140156

昨日ロクロした小鉢を削り、また違う形の小鉢を3種類ロクロしました。150個程作ったので明日は削りが忙しそう。

P1140155

板皿にヘラで文字を彫り、黒絵の具で彫ったところに塗りました。いたずら気分ですが6枚でやめました、山に行った時の心象風景です。

P1140157

 

なごり雪

P1140149

板皿の仕上げをしました、

P1140150

足をつけた板皿です

P1140151

あさから雪、なごり雪かな

P1140152

窯詰めがちかいのでフタ物を窯詰め出来るようにフタと本体の間にモミガラ灰を付けました、焼いた後、はずれるように。それと茶漉しの穴に土がバリになっているのでカンナできれいにします。

P1140154

ロクロも少し小鉢を60個ほど、午後に針の治療にきてくれスッキリしました。

窯掃除

P1140147

モミガラの灰がさめたので取り出しました、P1140148.JPG

窯の掃除を始めました、棚板をきれいにするのは大変です、タガネで外れるものを取り、ダイヤの研磨機で磨きます。今日一日掃除でした。

板皿

P1140144

昨日ロクロしたカップにハンドルをつけました、ロクロより時間がかかります。

P1140145

板皿を20枚仕上げました。

P1140146

窯で焼いていた籾殻が出来ました、2,3日冷やします。釉薬の材料や窯詰めに使います。

鉄泥

P1140141

カップをロクロ

P1140142

これはコーヒーカップに3板ロクロ

P1140143

昨日採ってきた鉄泥を篩いをとうし水抜きをしました、まだ数日かかりそう、黒釉のいい材料になりそう。今日は友人達が遠くからきてくれいい夜をすごしています。

釉薬の原料

P1140134

ストーブから出た灰です。釉薬に使います、屋根からの雨水をいつも桶に入れアクを抜いていました、細かい目の篩いをとうし、上水を捨てまた水を入れてを繰り返します。

P1140135

アク水ですが素手でさわると皮が解けそう。つよいアルカリ性です。

P1140139

P1140137

P1140136

釉薬に使う鉄を多く含んだ泥を採りに行ってきました、すごくきめが細かく手に付くと洗ってもなかなか取れません、湧き水でスイヒされてるのでしょう、この鉄泥と灰で黒、飴釉を作ります。純粋な鉄と違い不純物が含まれているのがいいのです。

晴陶雨読

P1140132

はっぱ皿の高台を付け、

P1140133

板皿の仕上げをしました、板で叩いたり手で形を作ります。

今日一日雨降り、弟子も休みで午後は読書、座右に焼酎を置き、久しぶりに書棚から柳宗悦著木喰上人を読んでいます。晴陶雨読で一杯幸せです。

P1140128

P1140129

鉢の削りと残りのはっぱ皿を組み立て、窯詰めに窯の中で焼き物を運ぶローラー4Mを半日かけて作りました3800円ぐらいかかりましたが、いままで使っていたアルミ製のローラーに繋ぐと窯の奥に運ぶのが楽になりそうです。

P1140130

ついでにウナギのぼりの花入れを組み立てました。

高杯

P1140121

ロクロした形です。

P1140122

シッタに乗せ

P1140123

底を平らに、高台のわきを削ります。

P1140124

高台の内側を削り仕上がりです、

P1140125

籾殻の白焼きを窯の入り口で始めました、釉薬、窯詰めに使います、時間がかかるので外で焼くと雨、風の心配があるので窯焼きます。

P1140126

タイモの葉っぱ皿を作りました、ロクロで作るのと違い手間がかかります。P1140127

高台は土紐を付けロクロです。

 

 

中鉢

P1140120

P1140119

きょうは中鉢位のおおきさの鉢をロクロしました、窯場で焼き物の選別、仮設の棚をつくったり、仕事場の生生地の整理と一日がすぐでした。

窯出し

P1140064

P1140065

P1140067

P1140068

P1140069

P1140070

P1140071

P1140072

窯出しです、今回は釉薬の試験、炊き方の模索でどんな物が出るか楽しみでした。普段は淡々と出すのですが今回は段ごと、天井から下まで分別してどの部分がどんな焼けか確かめるために区分けして並べました。この窯焚きでまた次の課題とよさが見えいい窯でした、また次に向かって。昨日ロクロした皿、鉢の削りをしました。

リュトン

P1140055

P1140057

P1140058

画廊への発送に追われました、昨日ロクロした土台でリュトンを作りました、土台作りは早いのですが頭、顔、角、足と時間がかかり全部つくれずビニールにつつみ乾かないようにして明日やります。

窯焚き

P1140039

P1140041

P1140043

窯は朝には400度、昼前に焚口の上口を開け上から薪を入れ始めました、少しずつ薪をふやしていれていきます、夜に上口に薪を投入せず口に置き次に薪を入れたいときに前の薪を落としいれ新たに口に置くことをくりかえします。9時に900度まで上がってきました。

窯に火

P1140029

P1140030

P1140028

P1140031

詰め終わり、分炎柱を立て、焚口をレンガでつくりました。夕方火を入れやっとこれから、いい窯にします。焼き物はいままでやってきた土堀、土つくり、ろくろ、釉薬の仕事のすべて窯焚きにかかっているので楽しくまたおもしろい。薪窯は特に想うように動いてくれないので、、、

休日

P1140005

P1140010

P1140006

今日はワカメ採り、友人のヨットハーバーの浮き桟橋に寝転んでワカメ採り!たくさん採れました。この夏に太平洋を周遊する若者と出会い、少年の頃からズートもってた夢をまたワクワク想いがよみがえりました。若いっていいですね!ベルヌの15少年漂流記愛読書です以前15老人漂流しようと計画したのですが頓挫しました。

穴窯

P1130999

P1140001

P1140002

P1140003

3段がつめ終わり、2段も半分つめました。合間に釉薬の試験も詰めています。棚を受ける柱、ツクと読んでいます、この高さにあわして窯の外で組み立て窯の中に運んでおいていきます。この窯は壁、天井は土で作った手作りレンガで出来ています、耐火レンガは熱伝道がいいので頑丈ですが早く窯がさめすぎ釉薬の発色が光やすくなります、また天井は耐火レンガと違ってデコボコしているので炎の流れがみだれまた輻射熱でも焼き物が焼けるのですが乱反射するので焼きがいいと思います。床は頑丈さをとり耐火レンガを使っています。

窯詰め

P1130993

P1130995

P1130998

写真は4段です、きょうは3段目を半分詰めました、寒い一日でしたがマンサクと夕焼けがきれいでした。カエル達も元気です夜にはよく鳴いています無事冬を越せそうです。このところ鶴見和子の日本民俗大系南方熊楠を読んでいます寝る前ふとんの中で読むのでついつい遅くまでで寝不足ぎみです。

大雨

P1130988

P1130989

P1130990

P1130991

P1130992

5段目を詰め終わり4段目を半分詰めたところで前線の通過か大雨、風で窯まで吹き込んできてこれから入れるものを避難ビニールをかぶせ飛ばないようにとおおわらわでした。

 

 

 

 

目跡

P1130984

P1130985

P1130986おう削りを少し、窯詰めをはじめました、写真は一番奥の5段目です。重ねて焼きます、うつわとうつわの間に耐火土(童仙坊土と珪砂を混ぜています)をつけてメといっています、焼けた後ずれやすいので、うつわの内に出来る重ね跡を目跡といいます。

薪作り

P1130981

P1130983

今日は春のようにポカポカ快晴土、日は天気が悪くなるそうなので薪仕事をしました、窯詰めの用意も出来いつでも詰めることができます。ロクロは合間にすこししました。

釉掛け

P1130977

P1130978

P1130979

バッテリーチャジャーが届きさっそく充電しました、釉薬掛けをしました。20日から窯に詰める予定です、釉薬を掛けると生地に水を吸い込むのですぐに外に出すと凍ってしまうので仕事場の中で乾かしてから窯場に運びます。仕事場は生地が一杯、室も満杯でロクロしても置くところがなくなっています。

今日は画像が出来ません、バッテリーチャジャーが行方不明です、きょう探しても見つけられないので注文しました。台皿の高台をロクロして仕上げしました。丸底壷を叩いて仕上げ、20日から窯詰め予定していますがまだ掛けてないものに釉薬を掛け始めました。明日は画像入れれそうです。

丸底壷

P1130967

P1130970

P1130969

P1130971

P1130972

P1130974

丸底壷を作り始めました、壷を膝の上に置き内あてを中に外側から叩き板でたたき回しながら形にしていきます、土器つくりのやりかたです。板皿も8枚仕上げ、午後からリハビリ?に温泉に言ってきました。家の前のマンサクが満開になりましたうしろの山はうっすら雪ですが春が近づいてきました。

草文

P1130961

P1130962

P1130963

P1130964

P1130965

P1130966

50,60、CMの板皿6枚仕上げ、小さい板皿に草文をへらで付けました、枯れ草の野原が好きなのですが器の邪魔にならなく枯れ草の原を描くのは難しい。大きい台皿をロクロ高台になる部分の土を多めに残しておきます。壷も少し作りました。雨がやんだので原木を小切しました後すこしでまた雨でやめました、いそいでチェーンソーを使ったからか左肩が痛くなって今夜はゆっくり風呂で温めます。

板皿

P1130959

P1130959.JPG

今日も板皿を14枚作りました、ギャラリーの方が来てくれ展覧会の打ち合わせをしました。この秋に壷展を大きいのからちいさいのまで、大壷展をやりたかったのでうれしいやりがいがあります。

1尺皿

P1130939

P1130940

P1130941

P1130943

昨日ロクロした鉢、一尺皿を削りました。空気が乾燥しているので一日で削りにかかれますが早く乾くと底切れしやすいのですが室も一杯になってきています、あすは整理して室に入っているものと入れ替えします。

薪仕事

P1130934

P1130935

P1130936

P1130937.JPG

P1130938

原木が6トン届き半分ほど小切りしました、中皿、鉢をロクロ、板皿に線刻でススキをと今日もよく動きました。夕焼けを見ながら焼酎を飲むのは習慣?中毒?ですがホットします。