粉引釉掛け

粉引にする皿です、掻き落としで描いたススキです、枯れすすきが好きでよく描きます、芭蕉の句で「旅に病んで夢は枯野を駆け巡る」が若い頃から好きで漂白の旅へのあこがれがいまだ想っています。

今日から粉引の釉掛けを始めました、掻き落としのヘリを指で取ってハケできれいにし薄めの釉をかけました、釉薬は釉薬会社で買った物に自家製の土灰を混ぜて作りました。

投稿者: morishige218

焼き物製造

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください