祈り

石棒を想いながら造りました。石棒は縄文時代にさかんに作られ現代でも山の神の供え物としています、男性器ですが女性器も造られました子孫繁栄の願、祈りの象徴と想います。
女性像を仕上げ始めました。これまで作った女性像3部昨です、小どもが無事育つ祈りはいつの時代にも変わりなく人としての願と想います。

投稿者: morishige218

焼き物製造

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください