釉薬掛け

DSCF3144

展覧会の用意がまだ続いています。

DSCF3145

DSCF3146

昨日ロクロした物の削りをしました。これで今度の窯に入りきれない程出来ました。

DSCF3147

粉引、刷毛目の釉薬掛けを始めましたが高台をつまんでかけるので指を使い過ぎ、病気の為か手指が痛くて進まなかった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中