割竹型連房式登り窯

DSCF1643

DSCF1644

DSCF1645

割竹型連房式登り窯にするのに仮設の壁を作り、窯詰めを始めました。一室二段使って三室にします。1300個ぐらい入りそうです。割竹型連房式登り窯は朝鮮半島で使われ日本に16世紀末頃伝えられ唐津焼の始めと言われています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中