灰作り

DSCF1630

釉薬に使う灰を水簸しています。

DSCF1632

細かい篩いにかけると炭、砂がこんなに出てきます。

DSCF1631

灰汁抜きは天水で時々混ぜています。

DSCF1633

DSCF1635

今日も釉薬掛けです、灰を使っているので沈殿しやすく3,4個かけると底から混ぜるので時間がかかります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中