仕上げ

DSCF1475

展覧会の準備、焼き物を選び水漏れをチェックして底に付いている自然釉やドウセンボウをダイヤの刃がついたグラインダーで削ったり手で砥石を使ってきれいに、他は木のかけら、サンゴなので表面に傷が付かないように磨きます。ロクロをするより時間がかかります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中