灰釉

P1130336

P1130335

午前中はゆりさんの仕事場の入り口にあったバラを切り小さく切りました、あまりにも大きくなり、そのうえトゲがすごく通り抜けるのが大変だった、切り刻み焼くのがたいへんでした。昨日ロクロした灰釉のさけのみを削りわんを40個ほどつくりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中