窯詰め

P1120059P1120060P1120065P1120067P1120068P1120070

仕事場は満杯になっています、今日は8段、7段をつめました大方の土は石垣島の赤土です、窯詰めで一番大事なのは棚組みが焼成中に崩れないこと、薪窯は薪を入れるとき棚、ツク(棚を支える柱)を押したりぶつけたりするので、早くも同時進行で次の窯の土を準備始めました、気持ちはまだ窯焚きが終わってないのに次に思いをめぐらせたりしています。8段と7段の間の薪を入れるスペース幅は20CMあましです、棚からはみでないように薪をあててこわれないように詰めています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中